日経225先物は、暴落市場でも儲かる!

 日経225先物の取引では、「買い」から入るだけでなく、「売り」から入れることがひとつのメリットです。

 つまり、下落相場でも「売り」から入って、さらに下がったところで「買い」を行うことで、利益を得ることができます。

 特に下落相場では「売り」が「売り」を呼ぶような状態が起きやすく、トレンドが変わった瞬間、垂直に近い下落が発生する事もしばしば見受けられます。

 そんな急落時には、現物株では静観するしかありませんが、日経225先物では、「急落時の売り」で大きく儲けることができます。

★★★ 証券ディーラーの隠し技 ★★★
山本伸一の日経225先物パターントレード





posted by CaseStudy225 at 18:16 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。